高卒資格を得るには必要な条件

 

高卒資格とは高等学校を卒業するまたは高等学校を卒業したことを表す言葉です。
しかし、これは誰でも簡単にとれるわけではなく、高卒資格を得るには必要な条件が決まっています。

 

1. 全日制課程で3年、または、定時制および通信制課程で各学校が定める期間(3年以上)在籍していること
2. 「高等学校学習指導要領」で決められた必履修科目を受け、さらに、各学校が定める教科や科目の単位修得・履修をしていること。
3. 各学校が定める必要単位を修得していること(74単位以上)。

 

つまり、高卒資格をとるには3年以上学校に通って決められた履修・単位を取得するか、通信制課程で決められた履修・単位を修得する必要があるのです。

 

高卒資格を持っているということは、高校課程を全てクリアしたという学力を示す事になりますし、また、高校卒業の学歴を得る事にもなります。
また、それにより大学や各種専門学校の受験も可能となります。

 

こちらでは高卒資格について説明しましたが、文字で書くと難しく見えてしまいますね。
しかし、これはさほど難しいことではなく、簡単にいえば高校に入学して卒業すれば取得することができるものなのです。